点状表層角膜症

点状表層角膜症は、コンタクトレンズの普及に伴い増えている症状です。点状表層角膜症という名前からも想像できるように、角膜が点状にところどころ欠落している状態です。ほとんどの場合自覚症状がないため、気づかないまま過ごしてしまいますが、目がゴロゴロするような違和感を覚えたり、光を眩しく感じたりするなどの症状が出るようになります。

点状表層角膜症は、角膜が傷つく事で起こります。主な原因はコンタクトレンズですが、逆さまつ毛や、目を強くこする事でも起こります。異物が入る事でも角膜が傷つきますが、最近のコンタクトレンズは、酸素透過率に優れた物が多く、酸素を通す隙間からホコリや雑菌が入り込み、点状表層角膜症の原因となる事もあります。他には、1day以外のコンタクトレンズで、十分な擦り洗いができていない、コンタクトレンズを付けたまま眠ってしまうというのも原因になります。

ドライアイの場合は、コンタクトレンズが原因で角膜を傷つけやすいので、涙と同じ成分の目薬をさすなど対処が必要です。点状表層角膜症は、抗菌作用の高い目薬で治療ができます。早期治療により完治できますが、治療が遅れると角膜に穴があいてしまい、最悪失明する可能性もあります。フォーチュンコンタクト