巨大乳頭結膜炎

コンタクトレンズを使用している時にかゆみを感じ、まぶたの裏にブツブツとした出来ものがある場合は、巨大乳頭結膜炎かもしれません。かゆみやブツブツの他にも、目やにが増える、コンタクトレンズがずれやすくなるなどの症状があります。ブツブツの正体は乳頭で、まぶたの裏側にできるので、違和感を覚えます。巨大乳頭結膜炎は治療をすれば対処できますが、治療中はコンタクトレンズを使用を中止しなければいけません。乳頭が消えれば、再びコンタクトレンズを使用できるようになりますが、自己判断で安易に使用してしまうと再発しやすいので注意が必要です。

原因は主にコンタクトレンズに付いた雑菌や細菌です。1dayの場合は毎回新品のレンズを使うため、雑菌や細菌のリスクは軽減できます。使用期限の長いコンタクトレンズは、使うたびにケアが必要です。ケアを怠ると巨大乳頭結膜炎の原因になりやすいので、面倒でも毎回きちんとケアをすれば予防できます。

治療中でもやむを得ずコンタクトレンズを使用する時は、コンタクトレンズ自体が刺激の原因となるので、できるだけ使用する時間を短くする事で対処していきます。治療は可能ですが、少し時間がかかるので、普段からコンタクトレンズの扱いに注意してください。フォーチュンコンタクト