角膜潰瘍

コンタクトレンズが原因で起こるトラブルの中に、角膜潰瘍があります。角膜潰瘍というのは、コンタクトレンズにより角膜に傷が付き、そこから雑菌や細菌が入り込み角膜に大きなダメージを与えてしまいます。角膜は何層かになっているため、表面だけなら傷ついても回復しやすいのですが、コンタクトレンズで覆っていると気づかず、角膜へのダメージが大きくなり、奥までダメージを与えてしまう事があります。

症状が進行すると、眼球が白濁してきます。こうなると涙目になってしまい、痛みも出てきます。角膜潰瘍は、放置してしまうと進行しますので、次第にまぶたの腫れや、視力低下などにつながりかねません。感染症を起こすと失明の可能性もあるため軽視できません。

角膜潰瘍は、ソフトレンズの方がリスクは高くなります。使用期限を過ぎているのに使い続けたり、使用期限内でもレンズのケアが不十分で、しっかりと洗浄できていなかったりする事が原因です。点眼薬で治療ができますが、早期治療をするほどダメージは低く、回復も早くなります。ソフトレンズはトラブルが起きていても気づきにくいので、いつもと違う違和感を覚えたら早めに眼科で診てもらうなど、目の状態は常に意識しておきましょう。